つーか疲れたー

雑記。ツイッター:@minamo13km

婚活奮闘録 ⑤知人の紹介編

こんにちは、みなもです。
 
①自己紹介
②3つの婚活市場のそれぞれの特徴 +α
マッチングアプリの準備+活動(会うまで編)
マッチングアプリの活動(会ってから編)
⑤知人の紹介編
⑥結婚相談所の準備
⑦結婚相談所の活動(会うまで編)
⑧結婚相談所の活動(会ってから編)
 
 
この記事では
⑤知人の紹介編
について記載します。
 
マッチングアプリに疲れた僕は、知人の紹介にあたることにしました。
というのも、マッチングアプリではやはりバックボーンが分からないことが多く、
街中で声をかけられたらホモor美人局、宗教、壷や絵画などを真っ先に警戒するような僕では疑惑からスタートするところがありました。
良い人かどうか、実は僕を騙してお金をふんだくろうとしているのか。。。
 
などが芽生え始めてきてしまったのでいろいろな知人に紹介してもらいました。
自分が信頼している人の紹介であれば、まぁそこらへんは大丈夫でしょ~~っていうのが強かったです。
 
ということで3人と会いましたが特にありませんでした。
年齢的に、紹介してけろ~と言っても、
「周りもうみんないるか結婚しているかなんだよね~」
ってなりました。そりゃそうだ。
もう子供がいてもまったくおかしくない年齢だし。。。
こちらに関してはやはり母数が少ないのでなんとも言えないですね…
ただ気軽っちゃ気軽なので、そういうことを言える人がいるなら試しに聞いてみるのはアリかもですね。
 
オススメしたいのは
・女友達が多い人
・女友達が多い人が友人にいる人
になります。
 
 
 
また、ちょっと別の話かもしれませんが、
「なにかスポーツとか趣味とかで新しいコミュニティに入ったら?」
という話もちらほら言われましたが、
恋人探しにそういうことをするのはなんかダシにしている感じがしてなんか嫌なんですよね・・・
その新しいコミュニティ自体を純粋に楽しんで、そこで出会った人とそういう関係になれたらとてもすばらしいことだとは思います。
 
趣味は趣味で全開楽しんでいますが、
ひとりでは100%楽しめない性格をしてしまっているのが難儀。。。
 
ではまた。

婚活奮闘録 ③マッチングアプリの準備+活動(会うまで編)

こんにちは、みなもです。
 
①自己紹介
②3つの婚活市場のそれぞれの特徴 +α
マッチングアプリの準備+活動(会うまで編)
マッチングアプリの活動(会ってから編)
⑤知人の紹介編
⑥結婚相談所の準備
⑦結婚相談所の活動(会うまで編)
⑧結婚相談所の活動(会ってから編)
 
 
この記事では
マッチングアプリの準備+活動(会うまで編)
について記載します。
 
といっても、
②3つの婚活市場のそれぞれの特徴 +α
のほうであらかた説明したのであまり語ることがそんな無かったり…
 
マッチングアプリ最大の利点はやはり敷居の低さが挙げられます。
①アプリインストール
FaceBookを利用してログイン
これでもう「いいね!」を送れてマッチングしてメッセージを送ることが可能です。
(まぁプロフィール写真・自己紹介書かないとさすがにマッチングしないですけど)
 
その後のメッセージのやり取りには
①本人確認
②課金
の2点が必要です(女性側はアプリによっては課金無しでも可能だったり)
 
本人確認は運転免許証とかをパシャと撮って運営に送信するだけです。
これはちょっと抵抗あるかもですけど、もう時代的にしょうがない。
 
まぁこれだけでスタートできます。
飲み会の最中に酔った勢いでそのままスタートできますね。
 
あとはカテゴリーから探したり希望条件から探すと良いです。
マッチングしたらメッセージして会う、、、といった感じです。
 
待ち合わせ日時・場所を決めて、あとは当日の服装の特徴を伝えて待つだけです。
 
書きたいことはほぼ第一回の記事に書いてしまったから割と書くことなくなってきた。。
会った人の話を書こうと思っていましたが、結構悪口?みたいな感じになっちゃいそうなので、詳しくは直接聞いてください…
9人と会いましたが特にありませんでした。
 
オススメしたいのは
・手軽にはじめたい人
・あまりそこまでガッツリお金をかけようと思わない人
・顔がいい人
になります。
 
ではまた。

婚活奮闘録 ②3つの婚活市場のそれぞれの特徴

こんにちは、みなもです。
 
①自己紹介
②3つの婚活市場のそれぞれの特徴 +α
マッチングアプリの準備+活動(会うまで編)
マッチングアプリの活動(会ってから編)
⑤知人の紹介編
⑥結婚相談所の準備
⑦結婚相談所の活動(会うまで編)
⑧結婚相談所の活動(会ってから編)
 
この記事では
②3つの婚活市場のそれぞれの特徴 +α
について記載します。
 
婚活をしよう!(=相手を探そう!)となるといろいろな手段があります。
 
・婚活パーティー(及び街コン)
・結婚相談所
・お見合い
・職場/取引先
・知人からの紹介
・合コン
・ナンパ
・今まで出会った人
・どこかコミュニティに入る
 
などが挙げられます。
その中でも「婚活」という言葉にもフィットするように、
・婚活パーティー
・結婚相談所
こちらの3つについて軽く解説します。
 
 
当初は「えっ、出会い系ってことでしょ?」ということでだいぶ抵抗を感じましたが、そんなことはありませんでした。
FaceBookと連携しているため、捨て垢の作成が難しい
・本人確認をする必要があり、最低限の信頼がある(運転免許証を写真撮って送信)
ということで、「出会い系」「美人局」というものはないと思います。
(女性側のプロフィールを見ると、ヤリ目・勧誘・ホスト等があるみたいですが…)
 
基本的には写真+プロフィールで「いいね!」を送信すると、
相手先に「○○さんからいいね!が届きました、こちらもいいね!しますか?」
と出て、お互いが「いいね!」状態になって初めてメッセージのやり取りがアプリ上でできます。
マッチングするまではだいたいが無料状態でできますが、メッセージやり取りをするためには課金+本人証明が必要になります。
また、「いいね!」を送るのも限度があり、課金することで送れる回数を増やしたり、ログインボーナスで増えたりします。
ソシャゲみたいですね。
なので最初は無料で始めて毎日ログインボーナスをゲットして、いいね!を送りまくって、よさげな人(複数人)とマッチングしてから課金するのも1つの手です。
ケチい!という感じもありますが、マッチングアプリはかなり数があります。TwitterでもよくPRで流れていますね。
年齢層・本気か飲み友レベルか、などで分かれているので自分の求めるアプリをするのが良いと思います。
 
上記方法でいくつかアプリを無料で適当にやっていたところ、「タップル誕生!」というアプリがいいなと思いました。
理由としては、
・ログインボーナスで貰える「いいね!」の回数が通常1~3個くらいなのに、ここは毎日20個もらえる
・それに加えて「おでかけ」機能により、さらに複数人にアピールができる
+いきなりお出かけができる機能なのでメッセージのやりとりを省略できる
・全体的に年齢層が若い
というところになります。
 
「いいね!」送信が20個とかなり多いのは理由があって、
ほかのアプリでは写真を見て「いまいち…」という場合は「いいね!」を消費しないのですが、
タップル誕生では「いまいち...」としても「いいね!」を消費してしまうのです。
しかしこれには抜け道がありました。
「○○が好き!」みたいなカテゴリーから相手が表示されるのですが、「いいね!」も「いまいち...」もしないでひとつ前の画面に戻ることで、いいね!を消費をしません。
再度そのカテゴリーを見るとまた出てくることがあるのですが、出てこないこともあります。
なんていうかリセマラですね。
 
それはさておき。
月々は3000~4000円くらいです。(3か月パックとか6か月パックとかでどんどん安くなる。ふつうに1か月パックがおススメ)
5月~7月の2か月間は7人、12月は2人、マッチングアプリで実際に会いました。
後述しますが、月当たりの料金と会える人数だけで考えると、かなりコスパは良いです。
(もちろん写真やプロフィールやメッセージのやり取りで会える人数は増減しますが)
 
・・・と思いきやですが、実際は以下みたいな感じです。左は人数。どんどん減る。
100:いいね!を送る
40:相手からもいいね!がきてマッチング成立する
30:相手からメッセージが返ってくる(一通目)
20:相手からメッセージが返ってくる(複数通)
10:相手からメッセージが返ってくる(日をまたいで複数通)
5:会う約束をする
1:実際に会える
 
マジでこんな感じです。
これは割とアプリチョイスが間違ったのかなぁという気持ちがあります。
(後で知ったことだが、タップル誕生は女性側無料とのこと。女性にとって男性はNPCなのかもしれない…)
 
とにかく疲れます。
会話の内容も、数をこなすことにテンプレートと化しています(仕事何しているの、普段何しているの…)
また、会う約束をしていたにも関わらず、連絡なしのドタキャンも何回かありました。
だいぶ心が折れます。
ネタで1か月くらいやってみるのはいいと思いますが、これで継続的に頑張るのはオススメしません。
女性にとってはいいと思います。
 
◎メリット
・自分が選んだ人と会えるということ。
・会うまでにメッセージのやり取りができるので人なりが分かる
 
◎デメリット
・メッセージのやり取りがしんどい
・プロフィール写真がSNOWでモリモリだったり後ろ姿とか舐めているのが多い
・ドタキャンはザラ
 
■婚活パーティ(及び街コン)
すみません。行ったことがないので正直よくわかりません。
というのも複数人がいるところでしゃべるのがかなり苦手なのです。
なのでざっくり。
 
◎メリット
・それまでのマッチングやメッセージやり取りなどの面倒さが一切無い
1日で複数人会えるので、自分の普段の時間を圧迫しない
 
◎デメリット
・男性は条件が厳しい
・男性は高い(平均5000~7000円)
どんな人が来るのかわからないので、行ってみたらモンスターしかいない、なんてこともあるかも
・高嶺の花にはライバルが多い(想像)
 
一度は行ってみたいなぁと思い調べてみたのですが、
男性の条件で「年収〇百万以上!」「上場企業or公務員限定!」「高身長限定!」「年齢○歳~○歳限定!」
などが多く、自分の存在を否定されている感じになります。
 
 
■結婚相談所
そんなこんなで、マッチングアプリしんどいなぁ、婚活パーティ行ってみたいけど不安だなぁ。
といったときに結婚相談所を知人から紹介してもらったので無料相談に行ってみたところ、いい感じだったので入会しました。
 
◎メリット
・自分が選んだ人と会えるということ。
・プロフィールの写真がちゃんとしっかりしている
・最初会うまでにメッセージやり取りが不要(※)
・婚活というサバイバルゲームにおいて、相談できる人ができる
・女性側も同じ金額を払っているので、真剣度が高い
・ドタキャンがまずない
 
◎デメリット
・とにかく高い(入会金+月額料金+成婚料)
・スタートまでが時間がかかる(各種書類)
・いいね!を送る回数が月あたり決まっている
・スケジュール管理が面倒
 
マッチングアプリでの「顔写真が全然わからねぇ」「メッセージやりとりめんどくせぇ」「会う約束してもドタキャンされる」
などがしんどいなぁ、と思っているときに、結婚相談所だとすべて解決してくれました。
 
写真は「アプリで加工していない」「顔を真正面から、かつマスクや帽子で隠していない」「2名以上写っている写真ではない」
とルールが多いので、ちゃんと顔が分かります。
ちなみに提携している写真館で撮ることをお勧めされます(1万~1万5千くらい)。
自分はとりあえず最初はその場で撮ってもらった写真で登録し、1か月続けて微妙そうなら写真館いってみる予定です。
(まぁなので女性はばっちしメイクで光源もりもりしているので実際に会ったらちょっと印象変わっちゃうかもですけど…)
 
・最初会うまでにメッセージやり取りが不要(※)
→こちらに関してですが、自分が入会している結婚相談所ではそういうルールでした。
ほかの結婚相談所はちょっとわかりません。
 
・婚活というサバイバルゲームにおいて、相談できる人ができる
→コーディネーターの人に迷ったときに相談できます。
まぁいろんなブログ見てみたらコーディネーターも当たりはずれがあるみたいですが、
自分の担当してくださっているコーディネーターはめっちゃいい人でした。いい人すぎてコーディネーターの方と結婚したいです。
 
・女性側も同じ金額を払っているので、真剣度が高い
・ドタキャンがまずない
→こちらに関してですが、真剣度が高いからドタキャン率が極端に低いのもありますが、
自分の入会している結婚相談所の場合、ドタキャンすると、ドタキャンした人がドタキャンされた人に5000円を払う仕組みになっています。
(マッチングアプリでこの金額貰えてたら億万長者だわ)
 
・とにかく高い
→入会金10万・成婚料20万みたいなところもあるみたいです。
自分は結婚相談所の中では特に安いがウリのところにいきました。(入会金3万・月額9千・成婚料無し)
 
・スタートまで時間がかかる
→結婚相談所はやはり「信用」が第一なので、始めるまでに必要な書類が多いです。
本人確認・源泉徴収・卒業証明書・独身証明書を出しました。
特に後ろ2つが面倒でした。詳しくは結婚相談所の記事にて記載します。
 
・いいね!を送る回数が決まっている
→1月あたり20人でした。異性側から来るのは無制限。また、月額16000円のコースだとそれとは別にコーディネーターから6人紹介もあります。
 
・スケジュール管理が面倒
→これは地味にめんどくさいです。
会うまでにメッセージのやり取りがないのは楽ですが、じゃあどうやって会う日程・場所を決めるかというと、システム上で決めます。
あらかじめ自分の空いている日時を3か月分登録します。
そしてマッチングした相手と空いている日時が一致しているところで会いましょう、という形になります。
なので空きスケジュールを入れるのが面倒だし、別の予定が入ったら専用サイトでいちいち削除しなきゃいけないのが面倒です。
また、こちらも詳しくは別記事で解説しますが、メインのサイトとサブのサイトがあり、2サイト分のスケジュール登録が必要です。
(なぜか同期してくれない)
 
 
 
疲れたので今日はこの辺で。 なんか結婚相談所の回し者みたいだな…
お気軽にコメントいただけると嬉しいです。
またよろしくお願いします。

婚活奮闘録 ①自己紹介編

 
こんにちは、みなもです。
 
結婚活動(略して婚活)をしているのですが、
いろんな人に話していると結構興味を持たれやすいテーマみたいなので、
せっかくなのでブログを使っていろいろ発信してみようと思いました。
 
 
記事は複数に分かれます。
 
①自己紹介
②3つの婚活市場のそれぞれの特徴 +α
マッチングアプリの準備+活動(会うまで編)
マッチングアプリの活動(会ってから編)
⑤知人の紹介編
⑥結婚相談所の準備
⑦結婚相談所の活動(会うまで編)
⑧結婚相談所の活動(会ってから編)
 
になります。
気になるところあったらコメントいただけると嬉しいです。
 
 
①自己紹介編
 
◎スペック
1990年生まれ(現在28歳) 男
都内生まれ都内育ち
都内の私立大学卒業
卒業後は都内の中小企業に就職して現在6年目
一人暮らし
身長174、体重68くらい
似ていると言われたことのある有名人:特に無し。誰か教えて。
最近コンタクトにした。
人並み程度に恋愛はしてきたので見た目はモンスターではないと思います。
 
 
◎性格
本質的にはせっかち・効率的
以下、別記事で書きますが、結婚相談所のコーディネーターの方に書いていただいた推薦文をめっちゃざっくり要約したものになります。
爽やか、清潔感がある、にこやか、好奇心旺盛。誠実そう、話題に事欠かない。
僕と直接会える人なら見せれます。
 
 
◎趣味
広く浅く。いろいろやってみたい。最近の言葉?ではフッ軽(フットワークが軽い)というらしい。
カラオケ:ヒトカラによく行く。複数人でも行ける。
脱出ゲーム:ふた月に1回くらい。今までで街歩き型とかTMCも含めて33回。
写真:ガッツリ一眼!…ではなくコンデジiPhone。いい写真を撮りたいってよりかは記録を残して後で見て思い返したい派。
万年筆:公文のペン字教室に通っている。
ゲーム:昔はガッツリやってたけど今は人並み程度。人並みってなんだろうね。
映画:Amazonプライムビデオが主流だけど、映画館もたまに。
色物カフェ巡り:ネコ・ウサギ・フクロウ・ヘビ・爬虫類・ハリネズミに行った。犬と小鳥と鷹に行ってみたい。
ポケモンGO:楽しい
 
 
◎やってみたい
登山・釣り・スカイダイビング・乗馬・ダーツ・ゴルフ・ダム巡り・テニス
ホットヨガ・果物狩り・フィールドアスレチック
お笑いライブ観戦・格闘技観戦・断食・工場見学・料理教室・座禅
なんか割と無限に出てくる。
 
◎ちょっと苦手
SF映画スターウォーズハリーポッターを見れない。世界観がすぐ分かるようなコメディやB級ホラーとかのほうが好き。
美術館巡り:正直よくわからん
人ごみ:しんどい
 
 
◎相手に求める条件(中身)
タバコを吸わない(絶対)。
否定から入らない。
察して、ではなくちゃんと思ったことを言葉で伝いあえること。
時間にルーズではない。遅刻しそうになったらそう分かった時に何時にどこに着くか伝えてくれる。
モラル・マナーがある。
消耗品以外のプレゼント(特に身に着ける系)は一緒に買いに行くこと(サプライズは勘弁)
趣味に理解があること
結婚の意思があること
 
◎相手に求める条件(スペック)
身長:特になし
体重:極端でなければ
年齢:20~33歳
 
上記に当てはまる方で会ってみたい!っていう方いたらDMください。
 
 
◎想像していたプラン
「30歳までに結婚したい」という気持ちがありましたが、年齢的に逆算したらやばいじゃん!ってことに気づいてしまいました。
28歳までに相手を見つける
29歳までにプロポーズ
30歳までに籍・式
と気づいたところから婚活スタート。
まぁもう28歳になっちゃったんですけどね…
 
 
◎今までにやったこと
27歳
7月~9月:一時的にストップ
9月~11月:知人の紹介
12月末に結婚相談所に無料相談してそのまま入会、1月中旬からスタート ←今ココ
 
 
 
とりあえずこのへんで。
ちょくちょく編集するかもです。

コンタクトデビューしました

はいこんにちは。

コンタクトデビューしました。

f:id:minamo13km:20181031162532p:image

これがコンタクトデビューする年齢らしいです。

僕は20代後半です。

いかに少数派か分かりますね。

 

メガネをつけ始めたのは確か小学生4だか5年生あたり。

十中八九ゲームのし過ぎで視力落としたやつ。

 

 

◾️今まで頑なに眼鏡だった理由

・目に異物入れるとか怖くね?

・寝落ちしちゃったら角膜が一緒に剥がれるかもとか怖い話を良く聞く

・コンタクトは清潔面とか消費期限?使用回数?とかちゃんと管理しないとよろしくないらしいから

・裸眼は目つき悪くて怖いと言われた

 

 

◾️いまさらコンタクトにした理由

学生の時と比べてなんかちゃんとするようになったし、

レーシックと比べて周りもいっぱいやってるし大丈夫でしょ〜

あと何となくやってみたいし〜

が1番の理由。 

眼鏡の鼻当てや耳掛けの部分が地味に痛かったり、ニット帽が好きなんだけど眼鏡と壊滅的に似合わなかったり不満点はややありはしたけど、いまさらデビューするほどではなかった。

気にはなってた程度。

きっかけは「コンタクトのほうがいいんじゃない?」って言われたから。

眼鏡男子として10年以上やってきたけどきっかけなんてそんなもん。

 

 

◾️やったこと

・アイシティに仮会員登録した(web、10分くらい)

・駅前のアイシティに行った

・デビューの旨を伝えたら、まずは検査が必要で隣接している眼科の検査が必要で、15時にまた来てくださいと言われた

・15時に再訪すると直で眼科検査

眼の形状と視力検査、眼科医にチェックしてもらった(特に問題は無かったけど花粉症ある、っていったら目に異物が入って症状がもしかしたら出ちゃうかも〜とか言われた)

・お姉さんにコンタクトをつけてもらう

瞼をおさえられるが緊張と乾燥で一度目薬をさす

最初は異物感でごろごろしたけど目薬さしたらすぐ気にならなくなった

今まで見てきた眼鏡の範囲以外もクリアに見えるのが驚きで うおーすげー とか静かなクリニックの中ひとりテンションあがる

・コンタクトつけた状態で再度視力検査

・自分ひとりでコンタクトを外す

レンズを触って「ズラす」はすぐ出来たが、

「つまむ」が意味分からんくて3分くらい格闘する

・自分ひとりでコンタクトをつける

最初つけた時にコンタクトと眼球の間に気泡?が入ってどっちゃり慌てる

ゆっくり眼球運動したら自動で吸着するらしい すげー

もう片方はすんなり行けた

お姉さんとお兄さんに「うまいですね!」って褒められる

・クリニックで検査費用と目薬1500円くらいを払う

・アイシティに戻り、とりあえずワンデー30日分+レンズサポート(コンタクトつける時に刺す目薬みたいな)で25%オフで8000円くらい

・外に出た

建物から出た時の感想が

(最近のオープンワールドゲームみたいだな・・・)Oo。(´-`)

・ラーメン食べた

そりゃコンタクトにしたんだから湯気に顔突っ込むでしょ

f:id:minamo13km:20181031194912j:image

思ったより湯気が出なかった もちもちの木にでも行こうかな

 

 

 

あとコンタクトにして散髪するタスクをすっかり忘れてしまったので1月後にリベンジします

 

空っぽ

会社の同期は2人いる。

 

昨日同期のひとりが結婚すると言った。

今日もうひとりの同期が結婚すると言った。

5月半ばにいとこの結婚式がある。

 

素直におめでとう、って気持ちはあるんだけど、

どうしても、俺って何してるのかなぁと思う。

丸五年働いて何を得たのか。胸を張って言えるものが何もない。

 

 

「なんで結婚したいの?」って言われたんだけどすぐに回答が出なかった。

世間体?

子供が欲しいから?

老後にひとりで死にたくないから?

仕事のモチベーションのため?

声に出してみたらちょっと整理がついた。

 

帰る場所が欲しい。

自分を心から肯定してくれる人がいてほしい。

 

 

何をしても心から楽しめない。

相手を探す気力もない。

口癖が「疲れた」「しんどい」「めんどくさい」になっている。

こんな状態に惹かれる人などいるものだろうか。

 

 

相手を探すよりも先にもう少し元気を取り戻さなきゃいけないということは分かった。

学生の頃、自分のシンボル化していたどや顔は今では見る影も形もない。

何のために働くのか

何のために働くのか。

 

今の仕事に大きな不満は無いが、たまにふと何のために働いているのか分からなくなる。

 

 

・家族のため

→結婚はしたいけど現在相手いない

 

 

・お客様のため

→客から直接喜びの声を受けられないので、本当に自分の仕事が役に立っているのか分からない

 

 

・共に働く人たちのため

→100%できて当たり前、ちょっとでもミスしたら鬼の首を取ったように怒られる中でそんなものは見出せない

 

 

・自分のスキルアップのため

→自分が新卒採用で他の会社を知らない+仕事内容が限定的過ぎてこの会社以外で通用するのかさっぱり分からない

 

 

・お金のため

→これが1番近いかもしれないけど、貯金をして何になるのか

はっきり言って「漠然と不明瞭な未来に対しての貯蓄」でしかない

何か高級車とか家とかで目標があるのであればまた違うのかもしれないけど特にそういうものもない

 

 

結論を言うと現在のところでは「世間体のため」でしかない

そういう家庭で育ったからなのだろうか。

 

 

「何か目標になるものを見つけたらいいのではないか」

「視野を広げるために転職してみるのはどうか」

言いたいことはとても分かるが、

何か探そう・試してみようという気力も湧かない。

 

 

既知の不安と未知の恐怖では前者を取る生き方をし続けてしまっている。

 

 

 

35歳あたりまでに結婚できなかったら、仕事辞めて貯金した金で豪遊しまくってから自殺は割とアリだと思う。

何のために働くのか全く見出せないまま、

仕事の達成感2割 仕事での辛さ8割を何十年も続けるのはそちらの方がよっぽど辛いのではないか。